今朝の朝刊に、養育費の強制執行を容易にするため、裁判所が債務者の預貯金口座を調べることができるような制度を設けるとありました。

民亊執行法の改正です。
背景としては、現在は債権者が債務者の財産の所在を特定しなければ執行できないからです。
そのため、債務者が上手く財産を隠すなどすれば、強制執行できず、養育費不払いに苦しむ家庭を救済できません。
子供の貧困、母子家庭の中には低所得で苦しんでいる状況を鑑みれば、早急に制度化してほしいと願っています。