婚約破棄、内縁破棄、セクハラの慰謝料請求など男女トラブルについては、相手方に書面を送付しても、言った・言わないの水掛け論になるケースが非常に多いです。

ある程度の金額請求になると、相手方も争ってくるケースが多いので、事前の証拠集めが大切になります。

カメラやボイスレコーダーなどを使って、まずは証拠集めをします。

それでも足りない場合は、探偵の活用なども1つの選択肢です。