現在、政府は配偶者控除廃止の方向性で検討しています。
年額38万円の基礎控除により、約4万くらいの税負担が軽減されています。
とすれば、廃止により負担が重くなるのが当然です。

しかし、配偶者控除を廃止する代わりに、夫婦控除(仮称)など新たな控除を設ける案が出ています。
具体的にはまだ案が出てきていませんので、何とも言えません。

物価の高騰、消費税の増税など負担増ばかりが話題になっていますので、気になるところです。

今後の推移を見守っていきたいと考えています。