熟年離婚した場合、子連れで再婚するケースは多いです。
その場合、もし相続が発生したら、後妻と前妻の子供たちで相続争いがおこる可能性が高いです。

前妻の子は、多くの場合、後妻さんに複雑な感情を抱いているものです。
もちろん、すべてのケースではありません。

しかし、私の事務所にご相談のあるケースや多くの事例でも、争う典型的なケースであることは間違いありません。

自分亡き後にモメ事にならないように、熟年離婚・再婚は配慮が必要です。