離婚について、法律を駆使して問題を解決できるのは金銭的な部分がほとんどです。

法的に関与できる部分は小さく、心の問題が大きいと感じています。

離婚を考える際の原因についても、性格の不一致や親族間の人間関係、性の不一致にしても、とどのつまりは「心」です。

離婚するのか、子供がいるから我慢して生活を継続するのかなど選択に悩みますが、一番大切なのは自分自身の心を大切にすることです。

「心」に不満を抱え続けたり、病んでしまっては、その後の生活は暗いものになります。

自分の「心」に正直になって、考えてください。