厚生年金の適用基準が、週20時間以上の労働者にも認められるようになりました。
この10月からです。
現在は従業員501人以上の大企業が対象ですが、今後は中小企業にも適用が拡大されていくでしょう。

夫婦で、奥さんがパートに出ているケースなどでも厚生年金加入できれば、将来の年金額が増えます。

離婚を考える際にも、年金が多く生活の見込みがたてば、無理に婚姻生活継続を我慢することも減るでしょう。

ただし、問題は企業側がコストカットのために、適用になるパート等の採用を控えるケースが考えられます。

政府には、体力のない中小企業などには助成金を出すなどして、対応してもらいたいと思っています。