内縁関係を破棄されたとき、慰謝料を請求できるか? Edit

内縁関係であっても、実質的に夫婦と変わらないような生活を送っていた場合、法律上の夫婦と同様の法的保護を与えられます。
ですから、内縁関係を不当に破棄された場合には、破棄した相手方に対して慰謝料を請求することができます。

内縁関係破棄に伴う慰謝料請求の額は? Edit

内縁関係は、基本的に夫婦と同視できるため、離婚の場合と同じく、内縁関係の期間、内縁破棄の原因、相手方の支払能力、子供の有無等を総合的に考慮して、慰謝料額を算定します。
個々の事情によって異なりますが、200万~500万の間くらいを目安にしてみてください。

内縁関係特有の問題 Edit

内縁関係は、法律上の夫婦と同様の法的保護を与えられるといっても、婚姻届を出していないため、そもそも内縁関係が成立していたかどうかが争われることが多いです。
明確な基準があるわけではありませんが、同居していたかどうかが重視される傾向にあるようです。

しかし、判例の中には、同居していなくても内縁関係の成立が認められたものがありますので、結局はケースバイケースです。

内縁関係破棄に伴う、その他の問題 Edit

夫婦と同視されるため、内縁期間中に2人で築きあげた財産があれば分与を請求できます。
しかし、内縁関係は法的に保護されているといっても、相続権はありません
また、2人の間に子供がいた場合、戸籍、養育費、子供の相続、親権等、問題がいろいろ出てきます。
2人だけの話し合いでの解決が困難な場合や、適切に問題を処理するには、専門家にご相談されるとスムーズです。