はい。たしかに、10歳くらいまでは子供の養育に母性が欠かせないと言われており、調停や訴訟で争っても親権は母親が取ることが多いです。

しかし、子供の年齢や意思、親の状況によっては、父親が親権を取ることもあります。

父親が親権を取るのは難しい傾向にありますが、材料によっては、あきらめる必要はないと言えます。