離婚を裁判所に持ち込む場合は、いきなり訴訟ではなく、まずは調停を申し立てます。

裁判所を利用する手続は敷居が高いように思いますが、下記のようなメリットがありますので話し合いがまとまらない、上手く進まない場合は利用するのも1つの方法です。

  1. 客観的な第三者(調停委員)がアドバイスをくれる
  2. 費用が安い(収入印紙と切手代2000円程度)
  3. 調停が成立すれば、訴訟で判決を得たのと同様の効力を得られる
  4. 弁護士を立てる必要がない(その分の費用もかからない)