配偶者の不貞行為は離婚原因になります。

しかし、配偶者が不貞を認めない場合は、証拠を見つけて立証しなければいけません。

つまりは、性的関係を裏付ける証拠です。

メールや手紙、不倫相手とホテルに入るところを撮影するなど、自分で難しければ探偵に依頼する方法があります。

証拠を固め、まずは認めさせることですが、あくまでシラを切るようでしたら裁判所を使うことになります。