離婚の際の財産分与については、婚姻後に夫婦で築いた財産が対象になります。

その場合、夫婦一方の名義で購入するなど、名義に関わらず共有財産となります。

これに対し、婚姻前に取得した財産や相続した財産は共有とはならず、それぞれの特有財産として所有権を持ちます。

財産分与の対象にも、なりません。

そのため、結婚前に自己資金で購入して住んでいたマンションは、分与の対象にはなりません。