財産分与は2年、慰謝料には3年の時効があります。

できれば、離婚時には両方とも取り決めをしておくべきです。

離婚が成立してから話し合うより、成立前のほうが協議が進む傾向にあると思います。

財産分与の時効が成立しても、慰謝料は3年なので請求できます。

別のものだからです。