離婚の意思がないのに、脅迫されたり、離婚届を偽造されて提出されてしまうケースが、稀にですがあります。

その場合は、やはり家庭裁判所に離婚無効確認の調停を申し立てることになります。

戸籍に記載されてしまうと、裁判所を使った手続しかなくなりますので、できれば離婚届を出されないように注意するべきです。

危険を感じたら、離婚届の不受理申出書を提出しましょう。