住宅ローンは原則として、支払い名義人が継続して支払っていかなければいけません

自宅を妻と子に財産分与して、支払い名義人を妻に変更しようとするパターンの協議離婚は多いですが、金融機関が認めてくれない可能性があります。

妻に支払い能力があればいいですが、そうでない場合はローン支払い分の財産分与や養育費で上乗せすることも考えられます。