離婚の際の慰謝料は、浮気や不貞、DVなどで離婚原因を作った側が支払います

原則として婚姻生活の長短は関係がありません。

よく、長年尽くしてきたから慰謝料を多く貰いたいと考える方がいますが、財産分与等で考慮する事項になります。

そのため、離婚原因が性格の不一致や、双方に離婚原因があり離婚が成立した場合は、慰謝料請求できません。