養育費は、給料等の2分の1まで差し押さえることができます。

過去の養育費が未払いになっている場合は、支払い期限がきていない将来の養育費についても差し押さえられます。

差し押さえについては、2106年現在民事執行法の改正議論があり、相手方の口座等を金融機関に照会できるように今後は変わる可能性があります。

現在は、差し押さえる側が特定して差し押さえに臨む必要があります。

なお、協議離婚の際に公正証書を作成しておけば、強制執行がスムーズです。