単に信仰が異なるだけで離婚原因になるかは疑問です。

憲法は信仰の自由を認めていますので、夫婦であっても何を信じるかはそれぞれに自由でしょう。

ただし、信仰により家庭を顧みなくなり、夫婦関係や家庭生活が破綻しているような場合であれば、婚姻を継続しがたい重大な理由になり得ます。

過去の判例でも、家庭を顧みずに宗教活動をした事例で離婚が認められています。