離婚成立後、財産分与は2年、慰謝料請求は3年の時効があります。

それまでの間なら、請求は可能です。

ただし、離婚の際に財産分与や慰謝料請求権を放棄するなどの合意書や協議書を交わしていた場合には、請求できません。

書面に署名押印する際には、くれぐれも注意が必要です。