1、親権とは

親権は、法律的には「身上監護権」と「財産管理権」に分けられます。
身上監護権は、子供の世話をしたり、しつけや教育をしたりすることです。
財産管理権は、未成年の子供に、子供自身の名義の財産がある場合に、それを管理する権利です。

2、親権者の決め方

親権者の決め方は、まず父母が協議して決めるのが原則です。
両親が、子供将来のためによく話し合うべきでしょう。
両親の協議で決まらない場合は、家庭裁判所に親権者指定の調停を申し立てることができ、調停や審判で決めることになります。
裁判離婚の場合は、判決で決めてもらえます。

3、親権者と監護権者を分ける方法がある

両親どちらもが譲らない場合には、親権者と監護権者を分けることができます。
たとえば、子供は母親の手元で育てるが、親権は父親が持つといったような場合です。
両親の双方が、子供と何らかの繋がりを維持できますが、あまり利用されてはいないようです。
また、一旦親権者と監護権者を決めた場合でも、家庭裁判所に申し立て変更することが認められています。

しかし、申し立てには正当な理由と、子どもの生活に悪影響を及ぼさないことという要件が必要です。
監護権者に関しては、両親二人の話し合いで変更することができます。