不倫の慰謝料

不倫(不貞)の相手方に対する慰謝料請求

夫や妻が、第三者と肉体関係を持った場合、もう一方の配偶者は、その浮気をした配偶者と第三者双方に慰謝料を請求することができます。
なぜなら、夫婦間には貞操義務があり、この貞操義務に反することになるからです。

不倫(不貞)の慰謝料額の目安

これも、精神的苦痛であるため、具体的な計算式があるわけではありません。
夫婦の状態、不貞行為の程度、夫婦関係破綻の有無などを考慮して決めることになります。
およその目安として、100万~200万程度で考えてください。
あくまでも目安ですので、これより大きくなる場合も、少なくなる場合もあります。

ご自身の心理的ショックやストレスを考えれば、少ないと思うかもしれません。

また、芸能人の慰謝料額などを報道で見ればかなりの高額ですから、その差に驚かれるかもしれません。

しかし、一般人の相場はそのくらいです。

不倫(不貞)の慰謝料請求をするときの注意点

この場合、請求する側が感情的になっていることが多いため、話がもつれることが多いように思います。
できれば、専門家に相談されることをおすすめしますが、過大な金額を要求したり、相手を脅迫・恐喝するような接触の仕方はしないでください。
逆に、訴えられることになってしまいます。
交渉事の鉄則は「冷静に」です。

そのため、不倫発覚直後よりは、少し期間を置いて、誰かに話せるくらいにご自身が冷静になってからが、よいでしょう。

離婚するか、婚姻関係を継続するか

不倫の慰謝料請求をる場合、前提として考えておくことに、不倫の相手方に慰謝料請求した後、離婚するつもりなのか、婚姻関係を継続するつもりなのかがあります。
どちらかによって、今後の対応が変わってくるからです。

離婚するつもりであれば、配偶者とその不倫相手に対して、徹底的に慰謝料を請求します。

素直に支払わなければ、調停・裁判まで考えて準備をすすめます。

婚姻関係を継続するつもりであれば、配偶者と徹底的に戦うと、後で必ずといっていいほどわだかまりが残ります。
夫婦関係が壊れない程度に、どこで妥協するかを考えて作戦を立てなければなりません。

>浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

何かで悩んでいる時、一人でも自分の話を聞いてくれたら、心がスッキリすることがあります。特に男女間のことは、他人に話しにくい内容もあるでしょう。秘密が漏れてもいけません。専門家には、守秘義務がありますので、安心してご相談いただけます。

CTR IMG