MONTH

2016年11月

Q 離婚調停のメリットは?

離婚を裁判所に持ち込む場合は、いきなり訴訟ではなく、まずは調停を申し立てます。 裁判所を利用する手続は敷居が高いように思いますが、下記のようなメリットがありますので話し合いがまとまらない、上手く進まない場合は利用するのも1つの方法です。 客観的な第三 […]

Q 家を出て行くと離婚の際に不利ですか?

夫婦には同居義務がありますので、相手に何も告げずに家を出ると、離婚の際に不利益を被ることがあります。 別居をする際は夫婦で話し合ってから行うようにするべきです。 ただし、相手からDVを受けているなど正当な理由がある場合は不利にはなりません。 そのよう […]

Q 脅迫されて離婚届を提出されてしまいました

離婚の意思がないのに、脅迫されたり、離婚届を偽造されて提出されてしまうケースが、稀にですがあります。 その場合は、やはり家庭裁判所に離婚無効確認の調停を申し立てることになります。 戸籍に記載されてしまうと、裁判所を使った手続しかなくなりますので、でき […]

Q 離婚届提出の注意点は?

夫婦の双方が合意して提出に行く場合に、特に注意点はありません。 必要事項の記載漏れがないかどうかをよく確認してください。 手数料は不要で、郵送や代理人が提出することもできます。 それよりも、離婚届を提出する前に、財産分与、慰謝料、養育費、面接交渉など […]

Q マザコンやシスコンで離婚できますか?

マザコンやシスコンによって、「婚姻を継続しがたい重大な理由」に該当すれば離婚が認められることがあります。 もちろん、前提として協議離婚で合意すれば離婚は可能です。 相手が離婚に応じない場合は、行き過ぎたマザコン等で夫婦の信頼関係が長期に亘って崩れ、婚 […]

Q 配偶者の本国で離婚が禁止されています

国際結婚が増えていますので、珍しくなくなりました。 フィリピンなど国によっては離婚が禁止されている国がありますが、一方が日本人であれば、日本国内での離婚は成立します。 そうでなければ、夫婦関係が破綻しているのにもかかわらず、再婚もできません。 双方合 […]

Q 配偶者の認知症は離婚原因になりますか?

配偶者のアルツハイマー病のために長期間夫婦間の協力義務が果たせないケースで、婚姻関係が破綻しているとして離婚が認められた判例があります。 上記判例では離婚後も生活援助や面会の意思があることも考慮されていますので、認知症だからといって即離婚原因になると […]

Q 信仰の違いは離婚原因になりますか?

単に信仰が異なるだけで離婚原因になるかは疑問です。 憲法は信仰の自由を認めていますので、夫婦であっても何を信じるかはそれぞれに自由でしょう。 ただし、信仰により家庭を顧みなくなり、夫婦関係や家庭生活が破綻しているような場合であれば、婚姻を継続しがたい […]

>浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

何かで悩んでいる時、一人でも自分の話を聞いてくれたら、心がスッキリすることがあります。特に男女間のことは、他人に話しにくい内容もあるでしょう。秘密が漏れてもいけません。専門家には、守秘義務がありますので、安心してご相談いただけます。

CTR IMG