MONTH

2016年11月

熟年離婚後の再婚は、相続対策が必須

熟年離婚した場合、子連れで再婚するケースは多いです。 その場合、もし相続が発生したら、後妻と前妻の子供たちで相続争いがおこる可能性が高いです。 前妻の子は、多くの場合、後妻さんに複雑な感情を抱いているものです。 もちろん、すべてのケースではありません […]

離婚は衝動的にせず、十分な準備をしてから

お子様のいる方の離婚は、衝動的にしてはいけません。 財産分与や養育費の確保を考えて、十分に準備してから協議に入ってください。 離婚原因が配偶者に責任があるものであれば、証拠集めも必要です。 証拠を重ねて突きつければ、慰謝料分も分与してもらえるケースも […]

Q セックスレスは離婚原因になりますか?

「夫婦間のセックスは夫婦生活にともなう健康な営みで、夫婦のあり方として大切なもの」である旨を、最高裁判所は認めています。 夫婦の一方が特に理由もなく拒否している場合は、それによって夫婦の信頼関係が失われてしまうかもしれません。 その場合は離婚原因にな […]

離婚調停は委員に左右される

家庭裁判所の調停をご利用された方は、それほど多くはないでしょう。 交通事故、離婚、慰謝料請求など、多くの場面で調停は使われています。 その際、裁判官とは別に、調停委員という人が立ち会います。弁護士や司法書士、大学の先生などが選ばれるのですが、正直に言 […]

家計が厳しいと復縁が増える?

所得が増えない時代に、増税ばかりが議論されています。 共働きだと、単純に所得が倍になりますので、やはり、夫婦二人で働いている方が多くなっていますね。 経済事情から、一旦離婚したけれど復縁される人も、けっこういるようです。 一度は別れた二人でも、子供な […]

Q 夫が不倫を認めません

配偶者の不貞行為は離婚原因になります。 しかし、配偶者が不貞を認めない場合は、証拠を見つけて立証しなければいけません。 つまりは、性的関係を裏付ける証拠です。 メールや手紙、不倫相手とホテルに入るところを撮影するなど、自分で難しければ探偵に依頼する方 […]

介護が原因で離婚

夫の両親を介護するのが嫌で、離婚をするご夫婦がけっこういます。お話の中で、介護保険サービス上手く使用して、介護者である奥さんの負担を軽減できていたなら、離婚せずに済んだのかもしれないと思うことがあります。 どの程度の介護負担があったかはわかりませんが […]

養育費の取り決めは6割程度しかしていない

法務省が発表したデータによれば、未成年の子を持つ夫婦が離婚した場合、養育費を具体的に取り決めているのは6割程度とのころです。 養育費を取り決めていないため、後からトラブルになったり、子供の貧困問題に至ったりと、事態は深刻です。 離婚協議をする際は、当 […]

離婚は結局、心の問題

離婚について、法律を駆使して問題を解決できるのは金銭的な部分がほとんどです。 法的に関与できる部分は小さく、心の問題が大きいと感じています。 離婚を考える際の原因についても、性格の不一致や親族間の人間関係、性の不一致にしても、とどのつまりは「心」です […]

>浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

何かで悩んでいる時、一人でも自分の話を聞いてくれたら、心がスッキリすることがあります。特に男女間のことは、他人に話しにくい内容もあるでしょう。秘密が漏れてもいけません。専門家には、守秘義務がありますので、安心してご相談いただけます。

CTR IMG