NO IMAGE

同性婚と憲法解釈について

前提として、同性であっても真に愛し合っている二人なら、夫婦だと考えています。

そのため、各自治体で行われているパートナーシップ制度みたいなものには、賛成です。

同性カップルに証明書を発行して、何かの際に配偶者として認めるものです。

ただ、憲法解釈となれば、別です。

憲法第24条は「両性の合意」としています。

拡大解釈して「同性の合意」とするのには、無理があるでしょう。

ここまで拡大解釈してしまうと、どの条文も何とでも解釈できるようになります。

やはり、素直に憲法改正するのが筋が通っているように考えています。

憲法は絶対に変えてはいけないものではなく、時代に応じたもの、国民のためにより良いものに変えていくべきものです。

同性婚の解釈は、その最たるものだと思います。

同性婚の憲法解釈

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

何かで悩んでいる時、一人でも自分の話を聞いてくれたら、心がスッキリすることがあります。特に男女間のことは、他人に話しにくい内容もあるでしょう。秘密が漏れてもいけません。専門家には、守秘義務がありますので、安心してご相談いただけます。

CTR IMG