同性婚カップルの離婚や不倫について

近年、まれにですが表題のようなご相談を頂きます。

同性婚カップルも、夫婦として社会的に認知され、自治体などでも証明書を発行するところが出てきました。

多様な性、生き方を認めらえる、寛容的な社会になっていくのは望ましいという意見があります。

その議論はここでは行いませんが、同性婚の離婚や不倫です。

離婚については、戸籍には入っていませんので、今後の裁判例などを待つことになるでしょう。

同性婚カップルが増えて、自治体などから認められた夫婦の離婚が、今後は裁判に発展するケースが出てくると思います。

不倫や浮気についても、同様です。

法律婚と同様、慰謝料請求権なども同じように認められていくのかどうかは、判例がいくつか出て固まっていくことでしょう。

つまり、現時点ではわかりません。

今後、司法の判断が積み重なっていくにつれて、法律専門職や社会に共通認識ができます。

もっとも、当事者同士が合意して財産分与や慰謝料を定めるのであれば、問題ありません。

公序良俗に反しない限り、契約自由の原則があります。

裁判離婚

最新情報をチェックしよう!
>浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

浮気不倫調査探偵・離婚協議書作成相談室

何かで悩んでいる時、一人でも自分の話を聞いてくれたら、心がスッキリすることがあります。特に男女間のことは、他人に話しにくい内容もあるでしょう。秘密が漏れてもいけません。専門家には、守秘義務がありますので、安心してご相談いただけます。

CTR IMG